食べ物や行動で本当に来るのか?陣痛のジンクスを紹介

妊娠、出産
記事内に広告が含まれている場合があります。

こんにちは〜
30代主婦で美味しいものが大好き
やんちゃな娘と息子を育てているRIMIと申します

産後の体重と体型を気にしながら美味しいものを食べたいと毎日模索中です(笑)

 

 

 

 

臨月に入ってマイナートラブルも増え、体重も増加

上の子の幼稚園の行事などで早く産みたいと思っているのに中々生まれてきてくれない…

気持ちは焦るばかりです

そこで、陣痛がくるというジンクスを臨月の私が試してみました!

結果としては陣痛来てません(泣)

効く人には効くそうなんですがね…

上の子が41週で産まれているので今回も遅いのか、よほどママが好きなのか…

毎日「早く出ておいで〜」と声かけしてますが弱い前駆陣痛しかないのが悲しいところ。

現在も陣痛が来るように産婦人科の方が紹介している陣痛がきやすくなる体操も続けているのでそちらの動画も紹介しますね

こちらの記事は
  • 早く陣痛が来て欲しい方
  • 陣痛のジンクスを知りたい方
  • 陣痛が来る方法を探している方

という方にも読んでいただけると嬉しいです


陣痛バックの中身はこちらで紹介しています

陣痛ジンクス

食べ物編

・焼肉
一番有名なジンクス
臨月に入って焼肉を食べると陣痛が来るという話
たくさん食べて栄養が蓄えられるからでしょうか?


・オロナミンC
実際には陣痛を促す成分は入っていないのですが、ビタミンB2などの栄養素も入っていて後期つわりの人にはとてもさっぱりする飲み物です
カフェインも入っているので飲み過ぎには注意ですが、こちらも焼肉同様栄養が蓄えられるので陣痛が来るのでしょうか?


・カレー
カレーにはたくさんのスパイスやハーブが使われているのでそれが子宮収縮につながるのではないかと言われています
ただ、焼肉同様カレーもカロリーが高いので食べ過ぎには気をつけたいところです

https://twitter.com/Ruby_020710/status/1283631448726007808

カロリーが低いカレーはこちらで紹介しています

低脂質のカレーレシピはこちらです


・ラズベリーリーフティー
子宮を収縮させる効果があるというラズベリーリーフティー
陣痛につながるという根拠はなさそうですが安産茶としてとても有名なお茶です
陣痛ジンクスの他にも陣痛が来た時に陣痛を和らげたり、出産の時に出血を軽減させる効果もあるので飲む価値はとてもありそうです

ラズベリーリーフティーについてはこちらでも紹介しています


行動編

・ウォーキングや踏み台昇降
産院でも必ず言われる「歩いて下さい」
ウォーキングは病院公認で効果があるんでしょうね
私もつわりが終わってから毎日30分ほど歩いています
…が、陣痛は来ていません
踏み台昇降もウォーキング同様に股関節を柔らかくしたり、体力をつけるのにとても良いのでおすすめです


・スクワット
スクワットをすると股関節が柔らかくなったり腸腰筋を刺激して陣痛が起きやすくなるといいます
股関節が柔らかくなると子宮口が開きやすくなるそうなので陣痛につながりやすくなるそうです

陣痛につながりやすくなるスクワットのやり方はこちらの動画でも産婦人科医の方が紹介してらっしゃるので気になる方は一度見てみて下さい


・乳頭マッサージ
母乳を出やすくするために乳頭マッサージを妊娠37週以降に入ると病院から指導される方も多いかと思います
乳頭を触るとオキシトシンというホルモンが出てきて子宮収縮を促します
こちらは病院や助産師さんからも言われると思いますので効果はありそうです

こちらの助産師さんの動画でも紹介されています



おしまいに

陣痛のジンクスについて紹介しました
臨月になると本当に体力ともに辛くなってきますね
上にお子さんがいるなら尚更しんどいかもしれません

早く産まれて欲しいと思う人には陣痛ジンクスは有効なこともあるかもしれません

私も毎日赤ちゃんに声かけしながらスクワットやウォーキングをやっています

それでも中々産まれてきてくれないのでストレス発散にカラオケにでも行こうかと思っています(笑)

陣痛が来るためにはストレスを溜めないのも一つかもしれません

いつかは産まれてくる赤ちゃん

不安もあるかと思いますが残り少ないマタニティライフを楽しみましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました